2019年10月23日

「学校はブラックな職場」言説の〈相対化〉


教育活動には種々の態様があります。また,一つひとつの教育活動には,それぞれの教育的意義及び目的/目標とされる効果等があります。しかし,遺憾ながら,それらの意義や教育効果の目標化などは,日々の教育実践の中で忘れられがちです。


そこで,具体的な教育場面を取り上げ,種々の教育活動の根底にある教育的意義や目標化されるべき教育効果などを再確認するため(下位目的),本カテゴリーに当塾の塾長による教育実践に根付いたショートブログを書き下ろすことにいたしました。その上位目的は,次のとおりです。


〈乳幼児・児童・生徒の未来に羽搏く成長〉に資する教育実践の創造


日々の真摯な教育実践の参考としていただければ幸甚です。また,教員採用候補者選考の「場面指導」にもお役立てください。






【今回のポイント】

「学校はブラックな職場」言説を脱構築(déconstruction)せよ。
しかし,「こどもたちをより良くする」という教育の〈真理〉を解体してはならない。



「学校はブラックな職場」との言述行為が,学校現場を未経験の受験主体を教職から回避させている現実がある。


受験主体の中にはホントウに乳幼児・児童・生徒のためになる教員の卵もいる(た)はずである。


「ブラック」を言述することはその言述主体の意識裡に,意識/無意識を不問として「ホワイト」があるからである。


「ブラック/ホワイト」は二項対立(物心二元論・西洋思想)の思考性によるものであり,「ホワイト」のイメージは教員によって異なるものもあり,共通するものもある。


二項対立は自我中心主義(≒エゴイズム(egoism))を生産し,教職員によって異なる「ホワイト」は自我中心主義(≒エゴイズム(egoism))の産物である可能性が高い。


そうした二項対立を止揚(aufheben)したジンテーゼ((「総合」のこと。「㋑《〈ドイツ〉Synthese》ヘーゲル弁証法で、相互に矛盾する定立と反定立とを止揚すること。合(ごう)。」(コトバンク:総合(読み)そうごう(英語表記)synthesis,そう‐ごう〔‐ガフ〕【総合/×綜合】,デジタル大辞泉の解説,出典 小学館)))のない土壌に教職員に必須の授業力,創造力及び豊かな人間性((参考:「すなわち,「はじめに」で触れたとおり,‘子供のためであればどんな長時間勤務も良しとする’という働き方は,教師という職の崇高な使命感から生まれるものであるが,その中で教師が疲弊していくのであれば,それは‘子供のため’にはならない。教師のこれまでの働き方を見直し,教師が我が国の学校教育の蓄積と向かい合って自らの授業を磨くとともに日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで,自らの人間性や創造性を高め,子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになることが学校における働き方改革の目的であり,そのことを常に原点としながら改革を進めていく必要がある。」(「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申),中央教育審議会,平成31年1月25日,p.7)))は生産されない。


なぜならば,表層でいくら「乳幼児・児童・生徒のため」と言述しながら,内実,自己中心化の発想が基盤となっているからである。


ホントウの意味での〈乳幼児・児童・生徒のための自己組織化(self organization)((「生命の発生や社会構造の成立に見られるように、混沌状態から複雑な構造が自律的に形成されてゆくこと。循環や自己言及などの哲学的問題ともかかわりをもつ。」(コトバンク:自己組織化(読み)じこそしきか(英語表記)self organization,じこそしきか【自己組織化】,大辞林 第三版の解説,出典 三省堂)))〉を教職員たちに望む。









© 2019 「鍛地頭-tanjito-」

posted by tanjito at 17:23| 広島 ☁| Comment(0) | 「鍛地頭-tanjito-」の教育実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください