2019年10月19日

〈言語(運用)能力〉の育成を主眼にした朝の一斉読書!!(vol.1 The host's nightly big incident )

教育活動には種々の態様があります。また,一つひとつの教育活動には,それぞれの教育的意義及び目的/目標とされる効果等があります。しかし,遺憾ながら,それらの意義や教育効果の目標化などは,日々の教育実践の中で忘れられがちです。

そこで,具体的な教育場面を取り上げ,種々の教育活動の根底にある教育的意義や目標化されるべき教育効果などを再確認するため(下位目的),本カテゴリーに当塾の塾長による教育実践に根付いたショートブログを書き下ろすことにいたしました。その上位目的は,次のとおりです。

〈乳幼児・児童・生徒の未来に羽搏く成長〉に資する教育実践の創造

日々の真摯な教育実践の参考としていただければ幸甚です。また,教員採用候補者選考の「場面指導」にもお役立てください。



本ブログは「〈言語(運用)能力〉の育成を主眼にした朝の一斉読書!!」と題するブログの第1章に当たります。今後,第6章+αまでを綴る予定です。主に,「朝の一斉読書―〈読み〉―言語(運用)能力等の育成」について,その連関性に着眼しながら語ります。その間,教員採用候補者選考の受験主体向けの「読むこと」に関する情報提供も簡潔に行います。

章構成は次のとおりです。
なお,第2章以下全て仮題です。

  1. 第1章 ホストの夜な夜な大事件―The host's nightly big incident ―(本ブログ)
  2. 第2章 朝読書ーReading effect
  3. 第3章 The 読書ーCrisis!!
  4. 第4章 読書指導の意義と現状の課題に対する改善策―SUMMARY
  5. 第5章 〈言語(運用)能力〉の育成ーUrgent problem
  6. 第6章 家読―Home reading
  7. 〔付記〕電子書籍の活用
  8. 参考文献・資料等


本ブログにおいては,本ブログ作成の趣旨から国語教育の範疇にある〈読み〉について深入りは致しません。ただし,朝の一斉読書を考える上において,それは非常に大切なポイントであることに相違ありません。「読者反応理論(読者論)/読書行為論」など〈読み〉に関する論争を踏まえるとき,決して看過できる事柄ではないのです。仮に,「朝の一斉読書は〈読みの世界〉とは次元を異にする,そうした趣旨の取り組み(学校での実践)ではない。」とする主張があるとするならば,朝の一斉読書においても読書行為が対象となる限り,その枠組みからは解放されず,そのような主張は自己にパラドックスを内包し,破綻を来していると述べざるを得ません。

作品には〈命〉があります。その〈命〉を探し求める〈旅〉が〈読むという行為〉です。その〈旅〉の過程で読みの主体は〈自己内対話〉や外在する他者との〈対話〉を営みます。つまり,「書くこと」「話すこと」「聞くこと」をも総合することにより,各読みの主体の〈読み〉は《読み》と変貌します(=教育活動では,このような営みを学習主体が行うように教授者が仕掛けるのです)。結果,〈相対化能力〉,創造力,想像力,思考力・判断力・表現力,総じて言語(運用)能力は高まり,感性・情緒は豊かになるものと考えられます。こうした思考は筆者独自のものではありますが,こうした考え方が成立するならば,朝の一斉読書を現状の趣旨からではなく,〈新しい時代〉を生きるための資質・能力を育成するため,新たな角度から再検討する必要があると思うのです。



早速,第1章の幕開けです。


第1章 ホストの夜な夜な大事件―The host's nightly big incident




平成5年9月21日,当時,28歳だった筆者は,(当時)文部省若手教員海外派遣団カナダチームの一員として,全国から集結した23名の新進気鋭の先生方と共に渡加。サバイバル(survival)を基調とした教員・語学研修とSchool board((カナダでは州単位でSchool Boardが存立しています。各州の教育を司る教育委員会のようなものです。))を初めとする各種教育機関等への表敬訪問(視察)及び配属校での勤務の旅に出立したのであった。




2週間に及ぶ過酷な語学研修の後,筆者が単身で赴任した街はバンクーバー(Vancouver)から車で45分の長閑なLangley(British Columbia州)であり,配属校は耳にするだけで蕁麻疹が出そうな((詳しくは「塾長のカナダ武勇伝(?)―その2 語学研修Ⅰ-」(小桝雅典,BLOG「鍛地頭-tanjito-」,2018.2.24)をお読みください。))「Walnut Grove Secondary School」( Langley School District(ラングレー教育学区))((現在の日本の公立中高一貫校に当たる学校で,当時約1,200人程度の中高生が在籍していました。))だった。








【こちらの当塾オリジナルジャンル「教育コメディー」も楽しめますよ!!】







バンフの街を見下ろすロッキーの山々


ホームステイ先のホストファミリーには恵まれた。当時29歳でトム・クルーズ(Tom Cruise)似のAと27歳で故ダイアナ妃に瓜二つのB(teacher)は献身的に筆者のお世話をしてくれた。若く溌溂としたホストの美男美女カップル(夫婦)が精力的に連れ出してくれたある週末のハイキングを一生忘れることはない。目的地は標高2,000mに近い峻嶽だった。「週末のリラックスのため,ハイキングをする」とは聞いていたが,山の麓に着くまで,この山を登ることが「ハイキング」であるとは思ってもみなかった。日本において「ハイキング」とは自然に触れ,楽しみながら歩く・・・・・・・・ことを言う。……Read more



「筆者」に起きた事件とは!? 将又,「故ダイアナ妃に瓜二つのB」に起きた事件とは!? 謎の展開を遂げる第1章の続きはこちらからどうぞお楽しみください。





© 2019 「鍛地頭-tanjito-」




posted by tanjito at 11:36| 広島 ☔| Comment(0) | 「鍛地頭-tanjito-」の教育実践編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

「しごとしてください!!」―言語発達の見地から―




本ブログは2018年6月14日にアメーバブログに投稿した記事に加筆修正し,当サイトに再投稿したものです。











生きる自分への自信を持たせる「鍛地頭-tanjito-」副塾長の住本小夜子です。
本日は,少し肩の力を抜いて,日常の出来事をお伝えしようと思います。







まず初めに,近頃,音沙汰のない塾長についてですが,ちょっと,近況報告を。






Sayosan

Sayosan



「えっ,必要ない?! まあまあ,そうおっしゃらず・・・。」






Masan

Masan



「ええっ………」









塾長は,当塾のホームページ作成のため,来る日も来る日も,パソコンとにらめっこを続けております。




ここでも,やはり,あのブログ記事,【塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-】のバカでかいカニのように,ぶつぶつ,ブツブツ,よくわからない呪文を唱えています。














「ホームページづくりは初心者の塾長。やっと,要領をつかんできたと申しますか,システムに慣れてきたといいますか。」






Sayosan

Sayosan



「システムの方が慣れてくれたというべきか…(笑)。」










Masan

Masan



「まあ,そう言われればそうだけど…。頑張ってるんだけどなあ~とほほ…」




ホームページに関しては,




Masan

Masan



「自分で作ってみる!!!!」




と意気込んでおりましたので,私は,シレーッと見守ることにしています。




Sayosan

Sayosan



「ブログとSNSは私に任せっきりなのです・・・(汗)」




2019年9月24日,当塾公式ホームページは副塾長 住本小夜子の手により,リニューアルいたしました。以前の面影はさっぱりございません。











ホームページ作成のため,パソコンとにらめっこをしている男性。
パソコンとにらめっこ中の塾長








もうじき出来上がると思いますので,(ちょっと,心もとないですけど・・・汗)みなさん,楽しみにしておいてくださいね。









そこには,当塾の基本理念から業務内容及び今後の業務計画が描かれています。良かったら,一瞥で良いので,覗いてみてくださいね。













さて,いよいよ,ここからが本題です。









Sayosan

Sayosan



「前置きが長くなりすぎてしまいました。ごめんなさい。やっぱり,この前置き,要らなかったかなあ~?」






Masan

Masan



「要るわい!!」









最近,よく言葉を発するようになった3才の娘ですが,(いや・・・遺伝? それとも環境?)今,娘がハマっている言葉があります。



それは,




むすめ

むすめ



「しごとしてください!!!!」




です。



実は,今朝も娘に言われたところなのです。




早朝,自宅で仕事をしていました。私は,起きてきた娘が喜んでくれるのではないかと思って,ノートパソコンの液晶画面越しに,娘を見つめながら,顔を出したり,引っ込めたりしていたのです。




その時でした。「しごとしてください!!!!」と叱られたのです(汗)。




娘の発言の意図は,ただ単に私を注意するだけではありませんでした。
「今,このタイミングで,この言葉を発すると,お母さんも喜んで笑ってくれるし,お母さんを楽しませた自分も楽しくなる!!」




以前に,初めてこれと同様の体験をした娘は,どうやらそれ以来,同様の場面やタイミングが到来するチャンスをねらっていたようなのです。そして,同様の場面やタイミングが訪れるたびに,笑みを浮かべながら,この言葉を発するようになったのです。









むすめ

むすめ



「しごとしてください!!!!」










ぶつぶつ,ブツブツ呪文を唱える「赤いカニ」は…。いや,失礼(汗)。HPづくりに熱中し上気する「塾長」は,私がするこの話を片耳だけで聞きながら…。











「○○ちゃん,日常の会話の文脈(context)が読み取れるようになってきたね。
まだ「しごとしてください!!」の1フレーズだけだし,本当の「仕事」の意味を理解しているか否かは怪しいけど,前後の文脈を判断し,一定の言葉を的確に運用する能力が育ってきているようだ。
言葉というものは,実際に使ってなんぼのものというところがあるよね。いくら知識としてインプットした言葉であっても,文脈に即して適切にアウトプットできないと,〈生きて働く言葉〉になりにくいよね。まあ,そうなるまでに,使い間違いなどを繰り返して,言葉を獲得するのだろうけど。




最近,脳科学の世界も,2才くらいまでには保護者の声を聴き分けたり,保護者の口調から,その時の感情までも読み取ったりすると言っているのでしょう?
乳幼児期の言葉の教育って,ホンマに大切だと思うよ。そのお手伝いをうち(当塾)ができるように頑張らないとね!!




あ,ああ~~,あああ~~~,こんなことを言っていたら,今日,これまでHP作成画面に入力していた「言葉」を(誤って)全部消してしまったじゃないか!! ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ」










Sayosan

Sayosan



「塾長,残念でしたね。」






【参考】『5歳までにやっておきたい 本当にかしこい脳の育て方(電子書籍版)』(茂木健一郎,日本実業出版社,2017年10月)






塾長は「文脈(context)」を,会話の流れだけではなく,その会話が生成される付帯的な状況 〔「具体的な場面」や「(その会話に必要な)外部情報」など〕も含めた言葉として使っています。











きっかけは,ある朝の会話でした。









Sayosan

Sayosan



「○○(←娘の名前)は,今日はどこに行くの?」






むすめ

むすめ



「ほいくしょ」






Sayosan

Sayosan



「かあちゃんはどこに行くの?」






むすめ

むすめ



「しごとよ!!」









私は,娘に教えてもいない「しごと」という言葉が,突如,娘の口を衝いて出たことに驚き,「よく知っているね~。」と褒めたのです。それと同時に,「そっか~。母ちゃんは仕事か~。」と言いながら,ふざけて笑いました。




その「しごと」という言葉やその言葉が使用された文脈(context)を,娘は,「かあちゃんが笑ってくれるおもしろい言葉(状況)」と認識したのでしょうね。また,私がパソコンに向かっているときは,仕事をしているという認識もあるのだと思います。



さらに,仕事はちゃんとした態度で行うものといった,前提となる認識があるのではないでしょうか? だから,文字どおり,仕事中,ふざけたり遊んだりしていると,




むすめ

むすめ



「しごとしてください!!」




とニヤニヤしながら注意されるのです。



最近は,小さなお母さんのように振る舞い,3つ年上の兄(息子)の面倒も見てくれるしっかり者。









洗濯物をたたんでくれる女児
洗濯物を畳んでくれる娘








普段は兄のことを名前で呼び捨てにするのですが,甘えたいときだけは「にいちゃ~~ん♡」と,ラブラブビームを発射することも覚えました。









Masan

Masan



「こわ~~~(汗)」









まあ,何はともあれ,誰に似たのか,お調子者なんですよ(笑)。









Masan

Masan



「副塾長に似たのに間違いないわい!!
そんなことより,わしゃ~,HPがえらいことになったぞ~~!! Σ(OД○;|||)」









これからも,たくさんのことを学び,吸収してほしいと願います。









カメラを向けると変なポーズをする女児
頼んでもないのに,このポーズ(笑)







© 2019 「鍛地頭-tanjito-」


posted by tanjito at 18:03| 広島 ☁| Comment(0) | 肝っ玉母ちゃんの子育て奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩書きに自惚れてはならない!!




本ブログは2018年5月19日にアメーバブログに投稿したものに若干の語句修正とページのデザイン化を施し,本サイトに再投稿したものです。











みなさん,こんにちは!!
生きる自分への自信を持たせる「鍛地頭-tanjito-」副塾長の住本小夜子です。




以前,塾長から教わったことで,「確かに!!」と感じたことを1つ,お話させてください。




私も「先生」と呼ばれるようになっていくと思われます。将来的には,教育界や企業セミナーなどに呼んでいただけるように,知識も実力も蓄えていこうと考えており,日々,塾長にビシバシ鍛えられています。(笑)




セミナーや個別相談の場で,「住本先生!! ありがとうございました!!」とお声を掛けていただくようになるのかな………?




う~ん、でも、その時,(一般に)講師をされている方は,どのような心持ちになられているのでしょうか?




塾長から教えていただいたこと,それは,









Masan

Masan



「(受講してくださった方は,)○○という個人に頭を下げているのではなく,その道の「先生」という肩書きに頭を下げているのだ!!

それを履き違えるから,自分は偉いと錯覚し,自惚れる。それを勘違いしてはならない。

そんな姿勢では、受講してくださった方に失礼だし、その時点で、自分(当該講師)の成長は止まる!!」









これまでずっと,一般企業で働いてきた私ですが,塾長のその言葉に強く共感しております。「先生」「社長」「店長」など,肩書きが付いた自分に酔ってはいけないのです。




本当に〈人〉として素晴らしく,慕われている講師等もおられることと思います。私もそうありたい。そのために研鑽に励みたいと思うのです。




「育児・教育支援 こころのカウンセラーの住本小夜子」ではなく,〈住本小夜子〉そのものを認めてもらえるように,これからも努めてまいります。












【おまけ】


昨日は,塾長とともに,人生初のポスティング活動をしてきました。









営業活動でポスティングをする様子








もう少し頑張ってポスティングしようと思ったら,天気予報が当たり,雨が・・・。









営業活動でポスティングをする様子








私は,塾長の傘を奪い取り,上機嫌。(笑)
塾長は,雨に濡れながら,活動記録のために写真を撮っておりました。(笑)




本日も午後から,ポスティング活動をしてまいります!!







© 2019 「鍛地頭-tanjito-」


posted by tanjito at 16:45| 広島 ☁| Comment(0) | 副塾長のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする